• ホーム
  • 家族でインフルエンザを予防する方法

家族でインフルエンザを予防する方法

薬を飲んでいる女性

インフルエンザの感染経路は、主に飛沫感染です。
インフルエンザに感染している人のくしゃみや咳によって、インフルエンザウイルスが飛び散ります。
そのウイルスが呼吸器や粘膜などから体内に入り込むことによって、インフルエンザに感染するのです。
職場や学校・幼稚園など、人の多く集まる場所に行かざるを得ない場合、いつ・誰からインフルエンザウイルスをもらってくるかわかりません。
そこで、できる限り感染予防をして、ウイルスから身を守ろうということになります。
ただ、同じ家に住んでいる場合、一人だけが感染予防を頑張ってみても、あまり効果はないといえるでしょう。
家族みんなで感染予防に取り組むことで、インフルエンザにかかることを予防しやすくなります。
また感染予防の基本といえば、やはり「手洗い」と「うがい」です。
これはインフルエンザに限らず、様々な感染症から身を守るための基本の対策といえます。
また、インフルエンザが飛沫感染であることから考えると、マスクの使用も有効な方法といえます。
感染症は、免疫力が低下しているときに発症しやすくなります。
栄養面に気をつけたり、睡眠時間をしっかりと確保することで体力を温存することも、感染予防の一つになります。
そして、ワクチンの接種は、もっとも有効な感染予防になるといえるでしょう。
卵アレルギーなどでワクチンの接種が難しい場合でも、一度医師に相談してみることで、接種可能な方法が見つかる場合もあります。
ただし、ワクチンを接種していても、残念ながら感染してしまうこともありますが、接種しない場合に比べて一般に症状が軽くなるといわれています。
ワクチンを接種する場合、家族全員が行うことが望ましいでしょう。

アーカイブ
人気記事一覧